人気の脱毛サロン比較ランキング

今、ネットで検索すれば脱毛サロンは色んな所がありますし、どこのサロンを利用しようか迷ってしまうと思います。

そんな方のために、『安くて安全に全身脱毛を行っていける脱毛サロン』を紹介します。

バイト生活でお金は無いけど綺麗になりたい!と思いながら色んなサロンを試していた頃の私の体験を元に選んでみました。

それぞれのサロンで特徴の違いもありますから、「こういうサロンを利用したい!」という希望に合うサロンも見つけられますので、ぜひ参考にしてみてください。

きっと、自分に合ったサロンが見つけられますよ!

銀座カラー
【月額換算】
6,800円(税抜)
【総額】
197,650円(税抜)
【割引サービス】
乗り換え、ペア割、脱毛学割
【無料体験】
ヒジ下脱毛
【シェービングサービス】
なし
【トラブル対応】
ドクターサポートあり

楽天サーチで「信頼出来るサロン」「満足度」「リーズナブル」などで1位を獲得しているサロンです。

予約も取りやすくなっているので、月額6,800円で通い放題はかなりお得なのではないでしょうか。

ドクターサポートもあるので、万が一のお肌のトラブルにも対処してもらえますよ。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


キレイモ
【月額換算】
月額9,500円(税抜)
【総額】
114,000円(税抜)
【割引サービス】
学割、乗り換え
【無料体験】
ハンド脱毛
【シェービングサービス】
月額プランの人は別途1,000円で代行
【トラブル対応】
ドクターサポートがあり

キレイモには他サロンでは含まれていない顔脱毛が追加料金なしで含まれているのも魅力ですね。

お肌を綺麗にすることも期待出来る、総合的なキレイを目指すサロンだと思いますよ。

また、他のサロンで使われている冷たいジェルを使うことが無いので、快適に脱毛することも出来ます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


シースリー
【月額換算】
月額7,500円(税抜)
【総額】
354,075円(税抜)
【割引サービス】
なし
【無料体験】
なし
【シェービングサービス】
無料でスタッフの代行(基本は自分で行う)
【トラブル対応】
ドクターサポートがあり

新規入会をされた方は電気シェーバーと美容クリームを貰うことも出来ます。

総額が他のサロンに比べて高いのですが、脱毛完了後にムダ毛が復活していても安心の『脱毛品質保証書』が発行されているので、何度でも通うことが出来ます。

基本的に自分で行うよう言われていますが、シェービングサービスを無料でスタッフにお願いすることが出来るので、その点は他のサロンよりも楽だと思いますよ。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


ミュゼプラチナム
【月額換算】
月額7,000円(税抜)
【総額】
84,000円(税抜)
【割引サービス】
全身3ヵ所の脱毛が360円で利用出来る
【無料体験】
なし
【シェービングサービス】
なし
【トラブル対応】
ドクターサポートなし

シェービングサービスは届かない所はスタッフが代行してくれますが、場所によっては施術を断られる可能性がありますので、剃り残しが無いように注意しましょう。

料金に関してはとても安いですし、全身脱毛・部分脱毛のコースも沢山あるのですが、ドクターサポートに関しての記述が公式HPにありません。

万が一のお肌のトラブルについては、事前にスタッフにしっかり聞いておきましょう。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


エピレ
【月額換算】
月額14,675円(税抜)
【総額】
176,100円(税抜)
【割引サービス】
税抜980円で2ヵ所の脱毛が出来る
【無料体験】
なし
【シェービングサービス】
なし
【トラブル対応】
ドクターサポートあり

こちらで気になるのは料金ですが、年間ベースだと6回になるので月額換算で14,675円になりますが、まとめ買いで12回の契約にすれば割引適用で月額11,490円と安くなります。

ただ、エピレはエステでお馴染のTBCが運営する脱毛サロンなので、サービス面は完璧ですし、ドクターサポートもしっかりしています。

安全面に関しては安心して利用出来る所だと思いますよ。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓


脱毛サロンは本当に効果があるのか?

脱毛サロンと医療脱毛の違いは、『美容』か『医療』か、ということになりますね。

医療脱毛は、文字通り医師の方が行ってくれる医療用レーザーを使用した処理になります。

サロンで行っている処理もレーザーを利用したものになると考えている人もいるかもしれませんが、サロンではレーザーは使用することが出来ません。

レーザー脱毛は医療用レーザーを使う医療行為になります。

そのため、医師免許の無い方が行うのは医師法によって禁止されているので、医療レーザーで行うことが出来るのは、医師がいる病院・クリニックに限られることになってきます。

医師がいないサロンではレーザー脱毛をすることは出来ませんから、サロンでは光脱毛機を使った美容光脱毛(美容ライト脱毛)だけになります。

医療とサロンの脱毛の違い

クリニックの医療レーザー脱毛とエステサロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)は、大きく分けて違いが6つのあります。

1.光脱毛の方は出力が弱い

サロンでは医療用のレーザー脱毛のような強い出力で『毛を再生させる元となる毛乳頭を完全に破壊すること』は禁止されています。

ですので、サロンでの処理は出力が弱い光を当てた『不再生脱毛』と言って、次に生えてくる時に毛が細くなったり薄くなったりという効果を期待する形になります。

サロンでは生えてこなかったり、絶対生えないことを保証するものではないです。

ただ、毛はほぼ無いけれど、産毛が少し生えている程度、という状態にはサロンでしていくことは出来ますよ。

2.光脱毛には回数が必要

1でも書きましたが、サロンでの処理は弱い光を当てて行っていくものになります。

つまり、サロンに通って処理を何回か回数を重ねていかないと、ムダ毛をほぼ無い状態にしていくことは難しいのです。

その点、サロンとは違って医療用レーザーであれば、半分の回数で通うのが終わったりもします。

もちろん、サロンでもクリニックでも個人差はありますので、絶対とは言い切れませんが、そういった効果も視野に入れてみた方がいいですね。

3.医療用レーザーの方が痛い

痛みには個人差がありますので、こちらも絶対とは言えませんが、サロンと比べてレーザー脱毛の方が痛みを感じる人は多いようです。

クリニックのレーザー脱毛は狭い範囲で鋭く当たるのに対して、サロンの光脱毛の方は広い範囲でやんわり当てていく、というイメージでいいと思います。

口コミなどでもサロンよりもクリニックのレーザーの方を「痛い」と書き込む人は多いですが、人によって痛みの感じ方は違います。

ただ、サロンでもクリニックでも痛い時は出力を調整してもらうことが出来ますので、我慢したりしないで伝えていくようにしましょう。

肌の調子やその日の体調で、場合によっては聞いているよりも痛みが出たりもしますので、サロンでも我慢は禁物ですよ。

ちなみに、クリニックでは希望をすれば麻酔をしてもらうことも出来るそうです。

追加料金が必要にはなりますが、気になる方は利用を考えているクリニックに問い合わせをしてみてはどうでしょうか。

4.光脱毛より医療用レーザー脱毛の方が値段が高い

これはサロンやクリニックによって設定に違いはあるものの、クリニックのレーザー脱毛の方がサロンの光脱毛よりも値段が高いです。

例えば、サロンの光脱毛の部分処理が数百円~1,500円程度だったとしても、レーザー脱毛は一回で数万円掛かったりもします。

医療用レーザー脱毛が医療行為と言ってもこれは病気や怪我の治療ではないので、保険外の自費診療になりますし、料金に関しては一番注目している人も多いのではないでしょうか。

5.狭くてデリケートな部位も医療レーザー脱毛の方がやりやすい

3で痛みについて書いたと思いますが、処理の際、サロンとは違う『狭くて鋭い』というのが医療レーザー脱毛の強みの一つでもあるかもしれません。

医療用のレーザーは光が出るヘッドが小さいので、眉毛や鼻毛などのサロンでは出来ない部分の処理を行ってくれる所もありますよ。

鼻毛に関しては、粘膜の多い場所なので、やっていない所も多いですから希望の方は、クリニックの方と相談するか、最初からそれを紹介している所を探してみましょう。

6.医療と美容との違いについて

クリニックは医療、サロンは美容。という認識でいいと思います。

クリニックとサロンとでは使える器具の問題、常駐しているスタッフの違いなどもありますし、他にもクーリングオフの対象かどうかという違いもあります。

サロンの方はクーリングオフの対象になるケースもありますが、クリニックは医療契約という形になりますのでクーリングオフの対象にはなりません。

結局どちらがいいのか?

個人的な印象だと、初心者はサロンを利用した方がいいかと思います。

もちろん、絶対ではないのですがサロンは『接客』という形で接してくれますし、サロンによってはお茶やキャンペーンのサービスなどもあったりします。

サロンでは施術後のケアをしてくれる所もありますし、話したり相談しやすかったりすると思います。

肌トラブルの対処は?

ただ、クリニックの方は事前カウンセリングで医師の方の診察も受けられますし、万が一トラブルがあった場合でも同じクリニックで診察を受けることが出来るので、安心出来るかもしれません。

とは言っても、サロンの方でも提携医療機関での治療保証が受けられるので、何かあった時のトラブルには対応してくれますから、サロンでも心配はしなくていいと思います。

元々、サロンでは出力が弱めになっていることもあって肌トラブルはほぼ無いとも言われていますしね。

不安な時は、事前にクリニックやサロンの方に聞いておくといいと思いますよ。

以上のことから、サロン脱毛と医療脱毛のどちらを利用するかも、やはりコスパ重視でいいと思います。

サロンとクリニックとで、料金と効果を比較してみて、どちらを利用するか決めていくといいのではないでしょうか。

セルフの脱毛サロンのメリット・デメリット

料金だけを考えていくと、セルフで出来る脱毛サロンというのもあります。

サロンに行って、美容機器でプロの指導を受けながら、処理を行っていく形になります。

サロンに通うよりも安く、サロンよりも予約を取りやすいですし、サロンのプロの指導を受けることも出来ます。

家庭用脱毛器を利用するよりもサロンにある高性能な機器を利用することが出来るので、サロン並みの効果も期待出来ます。

ただ、もちろん、気をつけた方がいい点もあって、セルフはサロンに通うよりは安くても、やはり家庭用脱毛器を購入するよりも高くなります。

また、サロンのプロの指導を受けることが出来ても、自分で美容機器を使用していくことになりますのでサロンに通うより安全性も劣ってしまいます。

また、サロンと違って自分では届かない場所の処理は出来ません。

もしセルフ脱毛に不安を感じるなら

セルフ脱毛のメリットは「安く、美容サロンのプロの指導を受けることが出来ること」が大きいです。

もし、セルフサロンの利用を続けていくのに不安があるのでしたら、最初はセルフのサロンで指導を受けて、その後はサロンで教えてもらったことを家庭用脱毛器で行っていくというのはどうでしょうか。

他にも、
地方に住んでいて近くにサロンが無い。
子供が小さくてサロンに通うことが難しい。
そういう人は一度だけ、セルフのサロンに行って家庭用脱毛器を利用していることもありますね。

一台買えば全身のお手入れをすることが出来ますので、セルフのサロンに通うよりもコスパにも優れています。

サロンにいるプロの指導も受けている状態で利用していけば、効率よく進めていくことが出来ますよ。

おすすめの家庭用脱毛器はこちら

オススメは『ケノン』の脱毛器ですね。

楽天市場で、数ある家庭用脱毛器の中から1位を取り続けています。

家庭用脱毛器は、基本的にサロンに比べて光の強さが弱くて効果が出にくいのがデメリットではありますが、『ケノン』は高出力でうぶ毛にもきちんと効果があると言われています。

眉毛や頬のうぶ毛、ワキ、手足など全身に利用出来ますし、ヒゲなどの太い剛毛にも効果が高く、男性の利用者も多いようです。

キャンペーン中であれば、料金の割引やサービスで貰える商品が増えたりもしますので、検討してみてはどうでしょうか。

類似商品も出てきたりしているそうですが、安いからといってそちらを利用するよりは、多少料金が高く感じても、本物を利用した方がいいですよ。

家庭用脱毛器の選び方

そもそも、家庭用脱毛器には

1.光脱毛器
2.レーザー脱毛器
3.高周波脱毛器
4.超音波脱毛器
5.サーミコン式
6.毛抜きタイプ

といった6種類のタイプがあり、一番商品の種類が多いのが『光脱毛器タイプ』でケノンはこのタイプの代表機種と言われています。

1.光脱毛タイプの家庭用脱毛器

美容サロンで使われている光脱毛器を、出力を落として家庭で安全に使えるようにしたものになります。

サロンと同じように毛根のメラニンに作用する光を当てて、毛根にある毛乳頭に熱ダメージを与えて、処理していきます。

2.レーザータイプの家庭用脱毛器

クリニックで利用されている医療用のレーザー脱毛器を、家庭で利用出来るように出力を落としたものです。

ですが、現在国内で脱毛器は作られていないので、このタイプはアメリカから輸入されているトリアという脱毛器のみのになっています。

3.高周波脱毛器、4.超音波脱毛器

ピンセット方のヘッドで、毛をつまんで、高周波や超音波を毛に伝わらせて、毛根にダメージを与えていきます。

光脱毛器のケノンを購入した時、眉毛用の高周波脱毛器がついてきますよ。

5.サーミコン式(熱線式)

表面に出ている毛を、熱で焼き切るタイプになります。

「焼き切る」なので、毛根から抜ける訳ではなくて、永久脱毛効果は期待出来ませんので、除毛器という認識でいいと思いますよ。

6.毛抜きタイプ

物理的に毛を抜く形で、永久脱毛効果は期待出来ません。

このタイプはパナソニックの『ソイエ』が代表的ですね。

サロンの効果を期待したいのでしたら1の光脱毛器、2のレーザー脱毛器を選んでいくのがいいかと思いますよ。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いは?

家庭用脱毛器とサロンでの処理の違いは「費用」「手入れの頻度」「期間」と考えるのがいいですね。

1.費用

例えば、家庭用脱毛器で『ケノン』を利用した場合、出費は脱毛器を購入する69,990円になります。

一台買えば、次の出費で必要なのは処理後の保湿ケアなどの費用のみになります。

対して美容サロンで処理を行った場合、全身脱毛の費用はサロンによって違いはありますが、平均して完了まで約20万円~30万円必要になります。

2.手入れの頻度

手入れの頻度は家庭用脱毛器だと2週間に1回程度に対して、美容サロンだと2、3ヶ月に1回で済みます。

3.期間

完了までの期間は家庭用脱毛器で約1年以上。美容サロンでは約2年必要になると言われています。

家庭用脱毛器の方が期間が短いのは、お手入れをする頻度が関係していますが、個人差や部位による効果の差はありますので、絶対に1年で満足いく結果になるとは断言出来ないので、そこは長い目で見ていくようにしましょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロン、クリニックのメリット・デメリット

こう見ていくと、家庭用脱毛器の方がコスパもよく見えて、サロンに通う必要はないように感じるかもしれませんが、どちらにもメリットとデメリットは存在します。

家庭用脱毛器のメリット

・サロンに通えない人でも自宅で行うことが出来る
・一台で全身の処理することが出来る
・サロンの予約が必要ないので自分に時間がある時にお手入れを行うことが出来る
・安全に家庭で使えるように作られているので、肌トラブルの心配はほぼゼロ
・こまめにお手入れをしていく分、サロンより早く効果が得られる可能性がある
・光やレーザーを当てる前後の冷却も保冷剤で冷やすだけでいいので楽

家庭用脱毛器のデメリット

・サロンなどに通うのと違って頻繁にお手入れをしないといけないので手間が掛かる
・光やレーザーを当てる際、漏れが無いように注意しなければいけない
・背中など、一人で出来ない所は人に手伝ってもらう必要がある
・そもそも肌トラブルの事例を想定されていないので補償は無い

脱毛サロンやクリニックのメリット

・プロにやってもらうことが出来るので安心感が得られる
・自分では事前のシェービングを行うだけでいいので処理自体は楽
・サロンよりもクリニックは特に効果が期待出来る
・サロンもクリニックもトラブルがあった時の補償制度がある所が多い

脱毛サロンやクリニックのデメリット

・基本的に2~3ヶ月に一度、完了まで通うので時間がかかる
・予約が取りにくい時がある(夏場など特に)
・サロンに通うのが面倒
・サロンに通う費用がかかる
・サロンやクリニックで光やレーザーを当てる際に塗る冷却ジェルが冷たくてつらい人もいる

といったことが挙げられるそうです。

もちろん、人それぞれ感じるポイント、許容範囲も違うとは思いますので、サロンなどと家庭用機器とをよく比較してどちらで行っていくか考えてみましょう。

特に肌トラブルに関しては、家庭用脱毛器を利用する際は、可能であればメーカーに問い合わせをしておいてみるといいかもしれないですね。

使用上の注意もしっかりと読んで、安全に行っていきましょう。

脱毛はいつ始めるのがいいか

ムダ毛を意識し始めるのは、薄着になる少し前くらいになるかと思いますが、家庭用脱毛器だけでなく、サロンでもクリニックでも効果が出るのに時間が掛かります。

長袖を着ている時期からサロンやクリニックで処理を始めていった方が、ちょうど半袖になった時に綺麗な手足を自慢することが出来ますよ。

サロンもクリニックも夏直前は予約が増えますし、日焼けをしているとレーザーが毛に反応しにくくなって効果が出にくいこともあるので、冬の間からサロンなどで対策を練っていくといいのではないでしょうか。

サロンなども、夏以外でもキャンペーンで安くなる所もありますし、サロンの乗り換え割引があったりと、時々で安さも変わっていったりします。

落ち着いて処理を行っていくためにも、寒い時期からサロンの情報を集めて、効率よく処理を進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする